旧日本軍勲章 微章セット 日露戦争 アンティーク 歴史的価値 日本軍従軍記章 桐葉 記章

  • 販売データ

    • 即決価格

    • 入札件数

    • 開始価格

    • 個数

    • 落札者

    • 開始日時

    • 終了日時

    • 早期終了

    • 自動延長

    • 商品の状態

    • 返品の可否

      1,601円

      (即決価格:なし)

      10

      1円

      1

      ******

      2022年07月30日 00時01分 (土曜日)

      2022年08月03日 23時01分 (水曜日)

      あり

      なし

      傷や汚れあり

      返品不可

    出品者情報(終了時点)

    配送情報

    • 送料負担:落札者

    • 発送元:千葉県

    • 海外発送:対応しません

    • 発送までの日数:支払い手続きから2~3日で発送

    商品説明

    歴史的価値のある勲章及び微章セット

    大正三年乃至九年戦役従軍記章

    従軍記章(じゅうぐんきしょう)とは?

    従軍記章(じゅうぐんきしょう)は、戦前の日本(大日本帝国)が、自国の参戦した戦役や事変に従軍ないし関係した人物を顕彰するために制定・授与した記章である。

    勲八等白色桐葉章

    白色桐葉章は明治8年(1875年)に制定された、「国家又ハ公共ニ対シ勲績アル者」に授与される勲章です。 章の本体部分は銀製で、五三の桐の形をしています。 本来、白色桐葉章は漆塗りの勲章ケースに納められています。

    帝国在郷軍人会 会員微章

    帝国在郷軍人会ていこくざいごうぐんじんかい
    日露戦争後の軍制改革に重要な役割を果たした田中義一(ぎいち)などが設立に努力した。 軍隊教育の復習や相互扶助などを目的にし、軍による国民支配の手段として国民に対する教化や統制を進めた。

    よろしくお願いします。