坂岡真★あっぱれ毬谷慎十郎1~3★ 角川文庫

販売データ

落札価格
1,050円
(即決価格:なし)
入札件数
1
開始価格
1,050円
個数
1
落札者
***********
開始日時
2020年07月24日 07時57分 (金曜日)
終了日時
2020年07月30日 17時56分 (木曜日)
早期終了
あり
自動延長
なし
商品の状態
目立った傷や汚れなし
返品の可否
返品不可

 出品者の情報(終了時点)

出品者   cosumos5
評価  15981600 -  2)
評価の詳細
出品者のその他の開催中のオークションを見る
出品者のその他の終了したオークションを見る

 配送情報

送料負担:落札者
発送元:埼玉県
海外発送:対応しません
発送までの日数:支払い手続きから3~7日で発送

商品説明

カテゴリ
状態
  • 目立った傷や汚れなし

★商品説明★ 坂岡真著 「あっぱれ毬谷慎十郎1~3」 角川文庫

 「あっぱれ毬谷慎十郎」           平成22年1月 文庫初版
 「命に代えても あっぱれ毬谷慎十郎」    平成23年 3月 文庫初版
 「獅子身中の虫 あっぱれ毬谷慎十郎」    平成23年12月 文庫初版

     定価    各巻 590円+税  297頁~314頁

★著者略歴★  1961年、新潟生れ。早稲田大卒。バブル絶頂期のデベロッパー会社に勤務し、11年後、退社し文筆活動に入る。

★作品内容★  <1> 毬谷慎十郎は播州熊野藩の道場主の3男坊。剣の天分は父や兄達をしのぐかもしれないが、野放図な暴れん坊。父の元を出奔し江戸にやってきて名だたる剣道場に試合を申し込み打ち破ってきたが、ある日うら若い娘に、打ち負かされる。その頃江戸では”黒天狗”と名のり米問屋などの打ちこわしが相次いでいた。裏では米相場を釣り上げようとする札差や元勘定奉行の大身旗本が糸を引いていた。老中の播州熊野藩主は、元藩士の慎十郎を使い、”黒天狗”の旗本の次男を退治させようとする。北辰一刀流の秘剣を使う狂剣士に慎十郎は勝てるのか。老剣士・丹波一徹やその孫娘・咲の道場に住むことになった慎十郎だが。
 <2> 今回は大奥のおどろおどろしい闇に、はっきり言って傍若無人の剣術馬鹿・慎十郎が切り込む。大御所となった家斉の西の丸の奥を、牛耳る霧島。役者買いを始めに、”賭け香”や、密輸まで手を染めている。知り合いの娘が大奥で、殺されたり、神隠しにあったことを知り、慎十郎は大奥にもぐりこむ。そこで、悪事の秘密を知った慎十郎は、世話になっている丹波道場の娘・咲までが攫われて”命に代えても”救い出すと誓う。
 <3> 慎十郎が無宿人狩りで人足寄せ場に送られる。そこで横行する理不尽な扱いに反発する慎十郎は、闇の元締めとともに役人の悪事を暴く。ところがその裏に、もっと悪人が居た。横流しした品物を北海のあわびなどと取引する商人と、それをお膳立てした仙台伊達藩の重役だ。そして、その悪事を暴こうとした隠密が殺され、その剣筋は10年前、丹波咲の父親が殺されたものと同じだった。咲は、父の仇を求めて仙台に向かい、慎十郎も船でその後を追う。気持ちよく一端すべてが決着する第3弾。

  状 態
  • 状態は、良好です。
  • 文庫初版です。

★発送方法★ クロネコメール便(160円)を、予定していますが、複数落札していただければ、まとめて発送します。
 多数まとめて送る場合はネット検索の上、なるべく料金の安いものを選択します。希望の発送方法がありましたら、ご連絡ください。
 他の出品を落札した場合や、落札予定の時はなるべく早めにご連絡ください。

★出品者から★  他にも多数出品しています。ぜひそちらも見てください。
 個人の蔵書なので、すべて一読はしています。内容等でご質問がある場合も受け付けます。
 また、出品希望の本などがあれば優先的に出しますので連絡してください。

マイ・オークションをごらんください

参考・宅配料金(本の宅配に必要そうな部分などだけ取り上げました。)
宅配名条件・サイズ料金 注意点
クロネコメール便厚さ2センチ。厚さを超えなければ割安。A4サイズまで、一律160円。B4サイズまで、一律240円同サイズなら4冊まで同梱可。割安。補償無し。
ゆうメール(旧・冊子小包)重さによって料金が変更1㎏まで340円、2kgまで450円、3kgまで590円。縦横高さ合計70cm、3㎏まで。補償無し。
ゆうパックなど宅配便従量制、配達地によって料金が変わる。大体600円~と見ていい。まとめて送るのには割安。配達時間指定あり。