オークション   >   アンティーク、コレクション   >   工芸品   >   陶芸   >   中国、朝鮮半島   >   李朝

書籍/李朝.を楽しむ/茶碗.徳利.俵壺.扁壺.面取壺.水滴/青磁.三島/箪笥.書卓-バンダチ.トンケ.ノン/古布/オンドルの構造/朝鮮半島/価格/茶道

販売データ

落札価格
210円
(即決価格:なし)
入札件数
2
開始価格
200円
個数
1
落札者
***********
開始日時
2021年01月09日 02時43分 (土曜日)
終了日時
2021年01月12日 02時38分 (火曜日)
早期終了
あり
自動延長
あり
商品の状態
目立った傷や汚れなし
返品の可否
返品不可

 出品者の情報(終了時点)

出品者   kametugu
評価  48424844 -  2)
評価の詳細
出品者のその他の開催中のオークションを見る
出品者のその他の終了したオークションを見る

 配送情報

送料負担:落札者
発送元:兵庫県
海外発送:対応しません
発送までの日数:支払い手続きから3~7日で発送

商品説明

カテゴリ
状態
  • 目立った傷や汚れなし



●●「李朝の美」―掌の温もり・・・●●

 




●●「李朝の美」―わび・さびの源流・・・●●

 




●●「李朝の美」―白磁の静けさ・・・●●

 




●●「李朝の美」―白磁の静けさ・・・●●

 




●●「李朝の美」―大胆に・繊細に・・・●●

 




●●「李朝の美」―天真爛漫な造形・・・●●

 




●●「李朝の美」―天真爛漫な造形・・・●●

 

Auction Templates オクのミカタ [ヤフオクの商品追加画像をカンタンに追加].



■書籍■『李朝を楽しむ』■「掌にのる女神」■「李朝のある暮らし」―岡本高明邸/等々力孝志邸/茶房・李白下/村良之介邸」■「李朝の美」■「李朝の工芸品はなぜ日本人の眼にかくも美しいのか」■「李朝を愛した―浅川伯教・巧兄弟と柳宗悦」■「風土が生んだ生活用具の美」―素材・造形・機能―金属食器への憧れ/匙が発達した理由/器の寸法/鍮器の出現/石の器/こころを包む/祭礼の空間/女の部屋のたたずまい/質素な男の部屋/脚のある家具/動具」としての膳/部屋は庭の延長なのか/生活文化の粋―キムチの甕/外に開く扉/オンドルの構造/門と護符/心魅かれる韓国の器■「韓国の柳」■「私の李朝」―李朝陶片と遊ぶ・(加藤清允)/わたしの心は宙に向かう・(勝見充男)/闇を飲む・(山本萌)/ポッシャギと出会って・(鈴木千香枝)」■「骨董屋さんにきいた価格帯李朝の見どころ―李朝の値段」―小物をたのしむ・5万円以下/現代の部屋に映える李朝・5万円~30万円以下/骨董好きをうならせる李朝・30万円~100万円/美術館級の名品も・100万円以上」■「韓国の李朝博物館案内」■茶碗/徳利■俵壺/扁壺/面取壺/瓶/平瓶/他■家具―バンダチ/トンケ・(金庫)/ノン・(籠)/ヘジュバン・(海州盤)/ホジョクバン・(虎足盤)/ハムジ・(函)/書卓/書案/文庫/他■価格掲載■茶道■以下詳細をご覧下さい!!■




■■『書籍』・・・■■



●●『李朝を楽しむ』・・・●●

―”CORONA BOOKS”―

  ◆平凡社。


★李朝の工芸品は、愛らしくて、武骨で、どこまでも自
 由。
 暮らしの中での楽しみ方や、見方・買い方を知る絶好
 の入門書。

★李朝の工芸品は、愛らしくて、武骨で、どこまでも自
 由。
 李朝の・「用と美」・を日常に生かすセンスを実例に
 学ぶ。
 実際に手にいれるための価格帯別ガイドや名品鑑賞も
 入った、李朝を知る絶好の入門書。



■発行日=1998年8月24日・(第1刷発行)。
■発行所=株式会社・平凡社。
■サイズ=16.5×21.5cm。
■表紙カバー。
■定価=1524円+税。
■状態=美品。
  ●表紙カバーに・多少のキズ・ヤケが有ります。
  ●本体に・多少の・ヤケが見えますが
  ●大きなダメージは・無く
  ●年代的には・良い状態に思います。



◆◆注意・・・◆◆

 ★発行日より経年を・経て下ります。
  コンディションに係らず・古書で有る事を
  充分に御理解の上・御入札下さい・・・・!!



●全・128頁・・・!!

  ◆カラーと白黒の構成です。



●骨董屋さんにきいた価格帯李朝の見どころ
 「李朝の値段」・に・・・!!

  ◆価格帯/価格/寸法/年代/価格/解説等が掲載。



●蒐集・資料などの参考に・・・!!



●探されていた方は・この機会に・・・!!



●以下・詳細をご覧ください・・・!!

  ◆掲載案内は抜粋して下ります。

  ◆掲載内容はQ&Aより問い合わせ下さい。

  ◆数字記載は目視です・間違いは御容赦下さい。



●掲載を抜粋紹介し・「タイトル」・と致します。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



■■『李朝を楽しむ』・・・■■



●●『掌にのる女神』・・・●●

**”榊莫山・(書家)”**



●●『李朝のある暮らし』・・・●●

●「岡本高明・邸」・・・●

●「等々力孝志・邸」・・・●

●「茶房・李白」・・・●

●「下村良之介・邸」・・・●



●●『李朝の美』・・・●●

**”構成・文-尾久彰二・(解説・寸法・所蔵・他)”**


●「掌の温もり」・・・●

**”解説・寸法・所蔵・他”**

  ◆木製・陶磁器の水呑・(携帯用コップ)。
               ・日本民藝館。

  ◆鉄製・銀象嵌・煙草入。
               ・日本民藝館。

  ◆鉄製・円筒形煙草入。
               ・日本民藝館。

  ◆粉引瓶・(加賀前田家伝来)。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆印花線象嵌双魚文瓶。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆白地掻落鉄彩牡丹文瓶。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆水滴・(珍奇で愛らしい兎の水滴)。
               ・日本民藝館。

  ◆文机。
               ・日本民藝館。

  ◆硯・真鍮製筆筒。
               ・日本民藝館。

  ◆竹製紙筒入。
               ・日本民藝館。

  ◆他・・・・・。


●「わび・さびの源流」・・・●

  ◆大井戸茶碗・銘・「山伏」。
               ・日本民藝館。

  ◆木製の櫃。
               ・日本民藝館。

  ◆木製の片口。
               ・日本民藝館。

  ◆石製・燭台。
               ・日本民藝館。

  ◆白地鉄象嵌草文茶碗。
               ・日本民藝館。

  ◆他・・・・・。


●「白磁の静けさ」・・・●

  ◆青花辰砂蓮華文壺。
               ・日本民藝館。

  ◆白磁大壺。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆青花窓絵草花文面取壺・「秋草手」。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

    ★屈指の名作とされ・作家・立原正秋が愛した
     ことでも知られる。

  ◆青花鉄砂窓絵花鳥文壺。
               ・日本民藝館。

  ◆他・・・・・。


●「大胆に・繊細に」・・・●

  ◆青花鉄砂葡萄栗鼠文壺。
               ・日本民藝館。

  ◆華角張瑞鳥草花文文庫。
               ・日本民藝館。

  ◆バンダヂ。
               ・日本民藝館。

  ◆他・・・・・。


●「天真爛漫な造形」・・・●

  ◆白地線刻魚文俵壺。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆白地線刻人物文瓶。
               ・日本民藝館。

  ◆白磁象嵌蓋鳥文平瓶。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆鉄砂龍文扁壺。
               ・大阪東洋陶磁美術館。

  ◆他・・・・・。



●●『李朝の工芸品はなぜ
     日本人の眼にかくも美しいのか』・・・●●

**”尾久彰二・(日本民藝館学芸員)”**

●白から始まった。

●李朝は木製品の宝庫だ。

●石製品はなぜ黒いか。

●生活の中の品々。

●日本人の目に美しい。


  ◆白磁蝙蝠草花文三重蓋物。
               ・日本民藝館。

  ◆透し彫箱に黒朱漆を塗り・内側から紙を張った
   弁当箱。
               ・日本民藝館。
  ◆石製・薬煎。
               ・日本民藝館。

  ◆他・・・・・。



―”李朝を愛した”―

●●『浅川伯教・巧兄弟と柳宗悦』・・・●●

**”田中雍子・(日本民藝館館友)”**

●李朝白磁大壺との出会い。

●朝鮮民族美術館の設立。

●『朝鮮磁器名考』・と・『李朝の陶磁』。



●●『風土が生んだ生活用具の美』・・・●●

―”素材・造形・機能”―

**”構成・文-秋岡芳夫/解説-金両基”**

●「金属食器への憧れ」・・・●

●「匙が発達した理由」・・・●

●「器の寸法」・・・●

●「鍮器の出現」・・・●

●「石の器」・・・●

●「こころを包む」・・・●

  ◆結婚式の際・婚家から花嫁に贈られる木製の雁
   の一対。

  ◆慶事の贈り物を包むときなどに用いる。

  ◆結婚式の贈り物。

  ◆他・・・・・。

●「祭礼の空間」・・・●

●「女の部屋のたたずまい」・・・●

●「質素な男の部屋」・・・●

●「脚のある家具」・・・●

●「動具」・としての膳」・・・●

●「素材美と工作美」・・・●

  ◆頭にかぶって使用した膳。

  ◆海州盤・(ヘジュバン)。

  ◆虎足盤・(ホジョクバン)。

  ◆函館・(ハムジ)。

  ◆他・・・・・。

●「部屋は庭の延長なのか」・・・●

●「生活文化の粋」・・・●」

―”キムチの甕”―

●「外に開く扉」・・・●

●「オンドルの構造」・・・●

●「門と護符」・・・●

●「心魅かれる韓国の器●



●●『韓国の柳』・・・●●

**”青柳恵介・(古陶磁研究家)”**



●●『私の李朝』・・・●●


●「李朝陶片と遊ぶ」・・・●

**”加藤清允・(小児科医)”**


●「わたしの心は宙に向かう」・・・●

**”勝見充男・(骨董商)”**


●「闇を飲む」・・・●

**”山本萌・(墨人)”**


●「ポッシャギと出会って」・・・●

**”鈴木千香枝・(主婦)”**



―”骨董屋さんにきいた価格帯李朝の見どころ”―

●●『李朝の値段』・・・●●

**”監修・文-勝見充男”**

**”(寸法・価格・他)”**


●「小物をたのしむ」・・・●

**”5万円以下・(約・30点)”**

  ◆円形ポッシャギ。
               ・1万5000円。

  ◆灰皿。
               ・松。
               ・19世紀末。
               ・4万3000円。

  ◆粉引皿。
               ・李朝前期。
               ・4万円。

  ◆香炉。
               ・松。
               ・李朝後期。
               ・5万円。

  ◆膳。
               ・19世紀末。
               ・4万5000円。

  ◆染付水滴。
               ・李朝中期。
               ・4万円。

  ◆鉄絵徳利。
               ・李朝前期。
               ・4万5000円。

  ◆盃。
               ・李朝後期。
               ・3万5000円。

  ◆盃。
               ・李朝後期。
               ・2万8000円。

  ◆盃。
               ・李朝後期。
               ・3万円。

  ◆小机。
               ・李朝後期。
               ・3万5000円。

  ◆他・・・・・。


●「現代の部屋に映える李朝」・・・●

**”5万円~30万円以下・(約・30点)”**

  ◆灯火器。
               ・李朝後期。
               ・15万。

  ◆鉄絵小徳利。
               ・李朝初期。
               ・13万円。

  ◆白磁徳利。
               ・李朝中期。
               ・8万5000円。

  ◆高麗徳利。
               ・李朝初期。
               ・8万円。

  ◆貯金箱。
               ・松。
               ・李朝後期。
               ・9万円。

  ◆染付化粧壺。
               ・李朝後期。
               ・9万円。

  ◆三島鉢。
               ・李朝後期。
               ・20万円。

  ◆礼寶三島皿。
               ・15世紀。
               ・18万円。

  ◆小机。
               ・松。
               ・1800年頃。
               ・28万円。

  ◆文机。
               ・松。
               ・李朝後期。
               ・25万円。

  ◆銭箱。
               ・欅。
               ・19世紀後期。
               ・25万円。

  ◆他・・・・・。


●「骨董好きをうならせる李朝」・・・●

**”30万円~100万円・(約・10点)”**

  ◆唐子像・(一対)。
               ・石。
               ・19世紀。
               ・40万円。

  ◆石燈籠。
               ・19世紀初頭。
               ・40万円。

  ◆会寧壺。
               ・李朝後期。
               ・15万円。

  ◆トンケ。
               ・19世紀後半。
               ・68万円。

  ◆三段棚。
               ・松。
               ・19世紀中期。
               ・38万円。

  ◆他・・・・・。


●「美術館級の名品も」・・・●

**”100万円以上・(約・10点)”**

  ◆鶏龍山徳利。
               ・15世紀。
               ・価格は相談。

  ◆分院白磁水注。
               ・19世紀。
               ・500万円。

  ◆薬箪笥。
               ・松。
               ・19世紀後期。
               ・140万円。

  ◆鶏龍山陶硯。
               ・15世紀。
               ・価格は相談。

  ◆他・・・・・。



●●『韓国の李朝博物館案内』・・・●●

**”文―原田美佳・(韓国文化院常任専門委員)”**



●●『李朝が待ってる美術館』・・・●●

**”平林享子”**



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■入力のミスはご容赦下さい。


■他の出品も・是非御覧下さい。


■商品詳細文の転用は堅くお断り致します。


■■入札案内・・・■■

●状態はすべて点検済ですが、
●見落し等が無いとは言えません。
●見解の相違も御座います。
●御了承・御理解の上・入札下さい。


■■支払詳細■■

●かんたん決済。


■■送料の案内■■

●198円。
●クリックポスト。
  ・(日本郵便)。
  ・(1回1落札)。
●簡易包装。
●可能な限り厚紙を当て発送。
   ・(厚紙はリサイクル品)。
   ・(包装指定は別途料金)。
●落札金額に関わらず同一の包装と
●させて頂きます。







■■注意■■

●質問は必ず事前にお願い致します。
●落札後のクレームはお受けできません。
●落札日より7日以内に必ず決算下さい。
●7日以内に振込み確認出来ない場合は落札者都合
●のキャンセルとして処理させて頂きます。
●取り置の場合でも、最初の落札日より7日以内に
●必ず決済下さい。
●いかなる場合でも決済後に・一度発送致します。


■■要注意■■

●入札の取消はいかなる場合でも不可能です
●質問欄での取消依頼もお受けできません。
●落札後は取引ナビにて詳細を連絡させて頂きます。
●電話での連絡はお受けできません。
●上記事項を充分に御理解の上での入札とさせて頂き
●ます。

■商品詳細文の転用は堅くお断り致します・・・!!


+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.213.002.002